トト・チャンネル

家族と猫との日常を、彩色4コマ漫画などでつづったブログ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トトvsトト

2012-03-23-Fri-21:55

本日は久しぶりに実写版トトマンガをお送りいたします(゚∀゚*)


toto-p-95-1.png
何でしょうね~♪



toto-p-95-2.png
じゃじゃ~ん、可愛い可愛いトトそっくりな栞だよ(゚∀゚*)



toto-p-95-3.png
しかもほら、トトのネーム&肉球マーク入り!!



toto-p-95-4.png
…って、トトにはどうでもいいお話だったようですね(^_^;)



toto-p-95-5.jpg
本に挟むとこんな感じでネコがご挨拶してくれます。
この栞、本革製なので単行本よりはハードカバー向けみたいです。
以前、偶然立ち寄ったデパートの催事場で見かけたアトリエキャッツさん
手に入れたのですが、これで今年の目標「本をたくさん読む」を達成するぞ!!
(ずいぶん小学生っぽい目標ですね~^_^;)



※ランキングに参加しています。お手数ですがポチポチッと応援お願いいたします※
↓↓↓
にほんブログ村 トト・チャンネル
にほんブログ村

人気ブログランキング トト・チャンネル


                     読書ネタ続きます。お時間がありましたらどうぞ♪

この本、ポール・オースターという作家さんの『幽霊たち』という作品なのですが、
登場人物がブルー氏・ホワイト氏・ブラック氏・ブラウン氏…読んでいて
イメージ出来ないこと甚だしいのです…(-_-;)
しかも主人公の探偵ブルーが、どうしてもブルーマンを想像させるため、
そんなに目立つ探偵も居ないだろ~!と感情移入が出来ず、ものすごく読み辛い…

今朝の読売新聞に「安部公房 ノーベル賞寸前だった」という記事を見付けました。
実は彼の作品が大好きで、学生時代は夢中になって読んでいました。
かなり好き嫌いの別れそうな作風なのですが、何処にでも居そうな人が、ある時突然
理不尽で不可解な、それでいて実在しそうな社会の隙間にポンと迷い込んでしまい、
抗いつつも悪化する状況にのみこまれていく。そんな絶望的なお話が多いです。
特に代表作の『砂の女』はずば抜けて面白い作品です(゚∀゚*)!
ちょっと気分が沈んでしまうかもしれませんが、おススメです(^o^)♪

皆さんにも「これ、面白いよ♪」というおススメ本がありませんか?



スポンサーサイト

COMMENT



2012-03-23-Fri-23:29
なんとも幸せそうなお顔をしたニャンコのしおりですね^^
オマケにトトちゃんのお名前入り! 可愛い肉球まで。

私も本 大好きで小学生の高学年から中学校までに
海外の名作をほとんど読んじゃいました

確かに作家さんによって いつもありえない展開になるとか
そのパターンが同じとかありますよね
あと続編はやめてほしいなって(笑)
マーガレットミッチェルの親族が 風と共に去りぬの続編を
作るために 作家さんを探して スカーレットっていう
続編を書かせてましたけど 見事にコケちゃったり。。

私はドフトエフスキーとか トルストイのロシア文学が
好きです^^
宗教とか社会的背景が色々絡んできて 難しいんですけど 
人間が深く書かれているので 読み応えがあります
つい二日前は ゾラの ナナ を読み終わりました
ありきたりな内容といえば内容なんですけど
「生きていく」事について考えちゃいました
で、息抜きに群ようこさんとか椎名誠さんを読んでます
群さんのニャンコの本「トラちゃん」面白いですよ~

2012-03-24-Sat-18:11
可愛いトト君しおりですね。
新しいしおりとかブックカバーを使うと、やる気が出てきますよね!

「砂の女」、私が高校1年の時の夏休みの宿題の読書感想文の課題でした。
え~っと、どんな話かわすれちゃった(^_^;)
蘭丸さんおススメなので、ぜひ再読してみます!
同じ本を読んでも、その時の自分の年齢とか環境で感じ方がまったく違ったりして面白いですよね。

クールな二男が最近珍しく感動した~って言ってたのが、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」です。
東大教授が新入生に読ませたい本の第1位なんだそうです。
上巻は面白くないけど、中巻下巻は寝ないで読んでしまうほどだとか。
高校男子の感想に共感できるか、お試しください!

にゃうわん様

2012-03-24-Sat-19:26
これ以外にも、柄はもちろん表情もいろいろとあってとっても可愛いんですよ♪
買ったらその場でハンダみたいな道具で名前を焼き付けてくれるんです。
作家さんは男性で、催事場で販売されているのは奥様だったようです。ご夫婦共にとっても器用な方々なんですね~(゚∀゚*)

なんと、小学生から海外の名作を!!
私なんてもっぱら「怪人二十面相」ばっかりでした~(゚∀゚;)
う~ん、確かに名作は名作のまま終わった方が、ファンとしては嬉しいかぎりですよね…
映画でもシリーズものって最初のが一番良かったな、と思う事がよくあります。

ロシア文学ですか∑(゚ロ゚;)
全く未知の領域…タイトルと概要は見聞きしていましたが、読んだことはありませんでした。
人から薦められた本って、特に読んだことのない部類の作品には色んな発見があって面白いんですよね!
これは早速(…と言っても今読んでいる安部公房の本が終わってから)手に入れて読まねば(≧∀≦*)
…これで『幽霊たち』がますます遠ざかってしまうな~(^_^;)
にゃんこ本は良いですね~♪和めること間違いなしです。
『トラちゃん』も探してみようっと(゚∀゚*)いろいろご紹介、ありがとうございます♪

woojyan様

2012-03-24-Sat-19:39
そうなんです。やっぱりステキなグッズを手に入れると俄然やる気が湧いてきます(゚∀゚*)
ブックカバーも以前お気に入りを購入したのですが、コートのポケットとかカバンのサイドポケットに入れるのに不便を感じて、今はもっぱら表紙を外しただけで…角っこがま~るくなるんですよね(^_^;)
基本的に本は全てブック〇フなので、何となく気兼ねがないと言うか♪

高校一年の課題にしては、ちょっと過激なところもある作品ですよね…(゚∀゚;)
私は大学で初めて読んで、それから一気にのめり込みましたが、あんまり歳がいかないうちに読んだら、ちょっと抵抗のある作家さん、で終わっていたかもしれません。
> 同じ本を読んでも、その時の自分の年齢とか環境で感じ方がまったく違ったりして面白いですよね。
まさにその通りですよね!

ドフトエフスキーの作品はにゃうわんさんからもご紹介いただいていたので、これは絶対読んでみないと(゚∀゚*)!
クールな息子さんが感動ですか…すっかり涙腺の緩くなった私が読んだら、涙が止まらないかもしれませんね(^_^;)
> 高校男子の感想に共感できるか、お試しください!
はい!…カタカナの名前の登場人物が多くありませんように(>_<)←最近、カタカナに弱くって…

2012-03-24-Sat-20:23
出遅れちゃった・・・・・
安部公房の記事、私も読みました~!
本当に受賞直前だったのですね~
委員長が、とても残念そうに話されていたのが印象的でした。
母が安部公房を大好きで、子供の頃にこっそり読んだ記憶があります(^m^*)
若い頃は、ひたすら詩と海外の文学に傾倒して、片っ端から読んでいました~
今はお気楽な人情ものに限ります(笑
不思議と女性作家が多いんですよ~
文体と、女性描写に無理が無いからかな。

本当にトトちゃんそっくりな栞ですね~☆
ネームも入れて貰えるんですか?
これがあったら、本を読む楽しさも倍増ですね~♪





そばかすクルル様

2012-03-24-Sat-22:01
私もニュースでも見ました~。
学生時代にハマりまくっていたので、受賞直前だったんだ…と見ているこっちもちょっとショック…(^_^;)
お母様もファンだったのですね(゚∀゚*)今、改めて読んでいるのですが、やっぱり面白い!!!

クルルさんも海外文学がお好きだったんですか~♪
私は日本文学一辺倒でしたが、頂いたコメントを読んでいて、海外文学にも俄然興味が湧いてきました!
クルルさんのブログを拝見してから私も江戸の人情ものに興味がわいて、御宿かわせみシリーズをお風呂で毎晩読んでいます(゚∀゚*)
一話読み終わる頃には、サウナ入ったみたいにすごい汗かけるし、気分も爽快です♪
…お風呂にこの栞は持って入れませんけどね(^m^;)
やっぱりこんなステキグッズがあると、読もう!!って気になります(゚∀゚*)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。