トト・チャンネル

家族と猫との日常を、彩色4コマ漫画などでつづったブログ

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏が来れば…

2011-08-16-Tue-17:32

toto190-1.jpg



toto190-2.jpg



toto190-3.jpg



toto190-4.jpg


何やら蜘蛛とは縁があるようです…

車の中に巣を張っていたいた蜘蛛をすぐさま逃がそうと窓を開けた途端、風に煽られた蜘蛛が
顔面めがけてターザンして来たり(事故るかと思いました)、スニーカーの中で昼寝したいたのに
気付かず履いて、お互いビックリしたり。

そして今は部屋の窓の外に巣を張っているので、ついつい捕食現場を見てしまいます。
蜘蛛の巣って私には「お家」のイメージがあるのですが、当の本人には「捕食器」に過ぎないようで、
獲物を引き寄せる度に、巣の大部分を破壊しています…
…まぁ、数時間後には元に戻っているんですけど、毎回「それでいいのか?」と疑問に思います(^-^;)


※ランキングに参加しています。クスッと和めましたら、ポチッと応援お願いします※
↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


またちょっと真面目なお話です。良ければお付き合いくださいませ m(_ _)m 以前(8月4日)、もう真面目なお話はこれでおしまい!…なんて申し上げましたが、またちょっと真面目なお話です。

環境省へのパブリックコメントについて、私がその存在自体を初めて知ったのは8月に入ってからです。
その内容につき、精力的に意見を述べられている、数あるブログの一つが「純情仔猫物語」(←クリックどうぞ♪)です。
多くの方からは「今更?」と思われるかと思いますが、恥ずかしながら私は今回のパブリックコメントの件で初めて「純情仔猫物語」の存在を知りました。
それは読めば読むほど「命」の重みとそれへの責任を痛感させられ、管理人KAZUさんの真面目かつ清廉な態度に強く胸を打たれるブログです。もっともっともっと早く知りたかったブログの一つです。

そこでは加筆修正があったとは言え、私のような素人考えなんかとは比べ物にならないほど、深くきめ細やかに、パブリックコメントに関する記載がなされています。
パブリックコメント締切の日付は刻一刻と迫っています。提出したいけど、まだされておられない方は、是非ご一読頂ければと思います。
(パブリックコメントに限らず、病気のことワクチンのこと臨終のこと、様々な議題を深く掘り下げておられますので、私は猫と暮らす指南書としても拝読出来ると思います)
なお、コメントのコピーも容易に出来るようになっていますが、それは各個人の考えによって追加・訂正・削除をするように、とのことです。

あくまで個人的な意見ですが、私は意見(特に今回は公的な意見です)の表出手段として、他者の文章の切り貼りを選択することに、少なからず抵抗を覚えてしまうタイプです。
なのでパブリックコメントには、自分で意見を練り出したつもりですが、KAZUさんの完成度の高いコメントを読んでからは、やっぱりもっと知識を持って書くべきだったなぁ、と反省しきりです(^-^ゞ
あと少しの日にちしかありませんが、パブリックコメントの認知度が上がり、KAZUさんと、この世に残る動物を愛する人達の強い思いが、世間に通じる事を願ってやみません。
スポンサーサイト

COMMENT



2011-08-16-Tue-23:21
蜘蛛が顔面に・・・これは 勘弁してほしい!
どうも 足が多いものは 苦手です。。。
でもハエトリグモ? 家の壁なんかにちょこちょこ。。。って 走る 糸を出してることろをみない蜘蛛は 大丈夫 触ることはできないけど(笑)
昔実家で飼ってた メジロさんの 大好物でした
~(^◇^)/ぎゃはは

2011-08-17-Wed-00:50
都会のGを知るまではクモが最も苦手だったワタシ。
運転中にそんなことになろうものなら、どうなっていたことか…(>_<)

ワタシはこちらでパブコメを知りました。
ワタシも自分なりに意見をまとめたつもりではいたのですが…。
まだまだ見識が甘かったなぁ、と…。

というかですね?
不勉強の自分を棚に上げて言うことではないのかもしれませんが^^;
このパブコメ然り、公園猫サポーター然り。
もっとシンプルにわかりやすく、
万人が取り組めるような、そんな仕組みにはなれないものなんですかね?
どっちもこっちも敷居が高いぞー^^;

2011-08-17-Wed-14:51
奥多摩湖へ行った時、ダムの手すりにずらっとくもの巣が並んでいて、それはそれは壮観でした!
蜘蛛のマンションってかんじでしたよ。
でも、真ん中に蜘蛛がいるのもあったけど、捕食中だったのかなぁ(^_^;
朝のクモはお坊さんの生まれ変わりとか言いますよね。

純情子猫物語は、ブログを持つずっと前からお邪魔していました。
KAZUさんの死は例えようもないショックだったけど、
だからこそ改正について真剣に取り組まなくてはと思いました。
今回も、組織票などで苦戦かとは思うけど、一人でも多くの人に参加して貰いたいですね。

ゆずぴぃ様

2011-08-17-Wed-17:37
我が家には糸を出す蜘蛛も出さない蜘蛛も常駐しています(-_-;)
ぴょんぴょん跳ねる蜘蛛は、トトの好奇心をいたずらに刺激して、カーテンや壁紙を攻撃されてしまうので、見つけ次第ティッシュでつまんで外に逃がしています。
メジロさんにとっては立派なたんぱく質ですよね。
ちなみに、トトもがっつり食べていました…(>_<)

おねぃ@まき様

2011-08-17-Wed-17:52
都会のGは特大らしいですからね…田舎のGでも怖いのに、想像を絶します。
とは言え、絶対に無理だったGでもトトが来てからは、食べないように退治せざるを得ません。トトが来てから3匹しかやっつけていませんが、劇的な進歩です(^-^)v

パブコメは私も浅い知識で反省する点もありますが、やはり自分の理解力で捻り出した意見で良かったと思います。
あくまで自分の場合ですが、コピーで済ませていたら記憶に残りづらくなりそうで、もしまた数年後にこういったうねりが生じても、「あれ、なんだっけか?」ってなることうけあいです(^-^ゞ

私も同感です。まきさんがブログで書かれていた公園猫サポーターの件、何だかモヤモヤ感が残ります。
もっととっつき易いなら、行動に移せる人も増えると思うのですが…
パブコメに関しては、その存在すら知らない方も多いのでは?と思います。
定期的かつ一般向けに報道なり何なりされれば、と思うのですが、自分が気付いていなかっただけで、実は報道されていたのでしょうか…?
いずれにしても、個人であっても今はネットの力で情報発信出来る時代ですから、それを使わない手はありませんよね(^-^)!

そばかすクルル様

2011-08-17-Wed-18:10
以前、一度だけテレビで見たのですが、どこかの木製の橋の欄干にずら~っと蜘蛛の巣がはっているんです。
そこに明け方から川の霧が結露して、朝日が昇る頃には一面宝石みたいに輝いていて、びっくりするくらいきれいな眺めでした(@o@)
セアカゴケグモの問題等ありますので蜘蛛は怖い存在ですが、蜘蛛の巣は本当にきれいだなぁって思います。
ちなみに窓の外の蜘蛛の巣には絡新婦の他に透明な皮だけの蜘蛛の残骸が住んでいます。これって、旦那さんのなれの果て?!

私はあまりネットをしていなかったのもあって、ブログを始めてから知る所が多いんです…純情仔猫物語はよくお邪魔させてもらっているブログさん(なつゆき日記さん)で初めて知ったのですが、その時にはKAZUさんは病の床に居られました…読めば読むほど、もっとずっと前から知っていれば良かったと思うブログです(>_<)
そうですね、今は個人の意見でもインターネットを使えば公開できる時代ですから、一人でもたくさんの人に参加して頂いて、改善につながることを願うばかりです(^-^)

コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。